無人航空機の飛行に関する許可・承認に係る申請方法

  • HOME »
  • 無人航空機の飛行に関する許可・承認に係る申請方法

ドローンを飛行させるにはいろいろなルールを守って安全に飛行させる必要があります。

機体重量が200gを超えるドローンを飛行させる場合、ドローンの飛行許可が必要な空域、飛行方法、承認が必要な飛行方法等様々な法令を遵守しなければなりません。

ドローンの飛行許可が必要な空域

許可が必要となる空域
飛行機の飛行に影響が及ぶような空域やドローンが落下した場合、地上の人に影響を及ぼす恐れのある空域を飛行させる場合は、国土交通大臣の許可を受ける必要があります。

ドローンの飛行方法

  1. アルコールや薬物の影響がある状態で飛ばさない
  2. 飛行前の確認
  3. 飛行機や他の無人飛行機との衝突防止
  4. 他人に迷惑をかけない飛行方法
  5. 日の出から日の入りまでの飛行
  6. ドローンが常に見えている状況で、常にドローンを監視していること
  7. 人、建物、自動車などから30m以上の距離を保つこと
  8. イベントなどで飛行させない
  9. 爆発物などの危険物の輸送
  10. ドローンから物を投下しないこと

承認が必要な飛行方法

遵守事項となる飛行の方法

もっと詳細な飛行ルールについては、国土交通省ホームページ「飛行ルール」をご参照ください。


ジェネラルエイチでは、ドローンの飛行に関する許可・承認申請をお客様に代わりお手続きいたします。
飛行許可申請には、10時間以上の飛行実績と申請可能なドローン本体が必要となります。

代行手続き料金

航空局飛行承認・許可申請代行(包括申請のみ)※申請者1名の場合
¥10,000(税抜) ¥11,000(税込)

お問合せ・資料請求

メールでのお問い合わせはこちらから

PAGETOP
Copyright © ジェネラルエイチ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.